SiTest(サイテスト)

「SiTEST」はお客様のWebサイト/ランディングページを解析し改善するための情報を取得することができるツールです。
ヒートマップ、録画機能によって訪問者の閲覧状況を集計・分析し、A/Bテストや、フォーム最適化機能により、改善した効果を測定することが可能です。

「ホームページをリニューアルしたいけど、なにをすればいいかわからない」

「ホームぺージからお客様の問合せが少ない」

「お客様が、ホームページのどこ(どの製品・サービス)を注視しているの知りたい」

といった時に有効なツールになります。

SiTESTの機能

ヒートマップ機能でページ内行動を計測

訪問してきたユーザがどのようにページの中を見ているのか?何が原因で離脱しているのか?をヒートマップ機能で分析することが出来ます。クリエイティブ施策を実施した結果の「良かった」「悪かった」を数値で裏付けることができ、次回施策への正しいアプローチも導き出すことが出来ます。

機能1スクロールヒートマップ

訪問したユーザのページスクロール率をヒートマップで表現する機能になります。
ユーザーの滞在時間によって色合いが変わる(滞在時間が長いほど赤く、短いほど青く表示される) ため、直感的にサイトの状況を把握することが可能です。
また、ページごとの滞在者の増減をグラフで確認できるため、「よく離脱されている箇所」の発見につなげることができます。

機能2マウスグラフィプ

ユーザのマウスの動きをサーモグラフィで表示させる機能です。マウスの動きを調査することは、ユーザの視線の動きを解析することと同義と言って差し支えありません。
マウスグラフィでは、ページの中で視線が集まっている箇所(=マウスポインタが置かれている箇所)ほど赤く表示され、より具体的なサイト診断を可能にします。ユーザが重要な情報をスムーズに受け取ることができれば、ユーザエクスペリエンスは向上します。

機能3セッションリプレイ(録画機能)

サイト内でのユーザの動きを録画し、再生する機能がセッションリプレイです。
ユーザひとりひとりのサイト内での動きを自動で録画。費用や時間をかけずに、ユーザの行動をすぐに動画として再生・解析できます。
マウスの動きと視線の動きには高い相関関係があります。マウスが想定外の動きをしているかどうかを確認し、ユーザがつまずいているポイントを発見できれば、ページレイアウト変更や動線の見直しを行うなど、ユーザビリティ、コンバージョンの改善につなげることができます。

機能4テスト機能

改善が行われた複数のページのパターンを同時に公開して、最も改善効果が高いパターンがどれか、ユーザの動向をもとに判定する機能です。
最も改善効果の高いページのパターンをかんたんに検証して判定できます。
作成した複数のページのパターンを自動的に公開してアクセス数やコンバージョンを計測するので、テスト実行後にそれらのデータを分析して根拠を持った改善案を決定することができます。
また、Google Analytics と連携して、A/Bテストの結果をGoogle Analytics 上でも検証できます。
SiTest には、目的に応じて使い分けられる3種類のテストがあります。

A/Bテスト

ページ対ページで最も改善効果の高いパターンを検証するテストです。

多変量テスト

ページ上の要素単位で最も改善効果の高い組み合わせのパターンを検証するテストです。

FLPO

ページ対ページで最も改善効果の高いパターンを検証するテストです。

ビズブーストが提供するサービス例

1.ホームぺージやランディングページ(LP)の状況をSiTESTを利用して分析
2-1.SiTESTで判明した改善点を修正(ホームぺージ改修)
2-2.SiTESTにて、改善効果を分析、最適化
3.Web広告による、ホームページへの誘導(アクセス数の向上)

サービスについてのお問い合わせはこちらから

TOP