Sansan(サンサン)

法人向けクラウド名刺管理サービス
Sansanは、お客様が保有している名刺を正確にデータ化するためのサービスです。今までの名刺管理は、CRM(顧客管理ツール)やSFA(営業管理ツール)Excelなどへ独自に入力したり、OCR(光学文字認識)ソフトなどで名刺をデータ化していましたが、誤字脱字(「l(エル)」と「I(アイ)」など)などが目立ち、正しくデータ化するために専門の業者へ名刺を預けてデータ化してもらうことがほとんどでした。
Sansanでは、お客様が専用のスキャナ(もしくはスマホなどでの撮影)を使って名刺を読み取るだけで、正確なデータが作成され、一元管理ができるシステムに自動で登録されることで、様々な活用シーンで利用することができるようになりました。

Sansanのサービス

お客様

名刺を読み取る
専用スキャナやスマホアプリを使って名刺を読み取り、インターネット経由で画像データが転送されます。
営業・マーケティング活動に有効なデータ
名刺に記載されていないお客様の様々な情報や一元管理されたデータベースを活用して、有益な営業・マーケティング活動が実現でき、営業効率が大幅に向上します。

Sansan

AIおよび人によるデータ入力
受け取った画像データを、AIでデータ化します。読み取れなかったものは、人の目で確認することで、高い精度(99.9%)を実現します。
データベース化
データ化された名刺は、専用のシステムで閲覧ができます。様々なシステムと連携が可能になり、名刺データから多くの情報(人事情報や顧客ニュースなど)を確認することが可能です。

Sansanを使うことで広がる
営業・マーケティング活動

Sansanでは、名刺情報を約1日でデータ化が可能です。データ化された名刺情報により、以下ような活用ができます。

1.迅速な対応
・セミナーや展示会、イベントなどで取得した名刺に対し、お礼メールなどを即時に配信できるため早期のアプローチが可能になります。

2.データの有効活用
・データが一元管理されることで、お客様の活動状況(どのイベントに参加しているのか)が明確になり営業・マーケティング戦略を有効に実施できます。
・人事情報などを元に適切なアプローチが可能です(部署異動などの把握)。
・新規の施策実施の際に、ターゲット先を迅速に抽出できます。

3.システムの共有
・全社または、部署内でシステム/名刺データを共有することで、組織的な営業アプローチを実現できます。

4.ABM(アカウント・ベースド・マーケティング)の実現
・会社単位でのデータ管理が可能であり、自社にとって有益な(アプローチしたい)顧客の名刺情報を保有しているかが明確になり、以後の営業・マーケティング戦略の指標となります。

5.MA(マーケティングオートメーション)ツールとの連携
・Salesforce(Pardot)やListFinderとのデータ連携ができるため、メール配信やセミナー・イベント集客などマーケティング活動を効率化することが可能です。

ビズブーストが提供する
サービス例

Sansanで取得したデータをMAツールへ取込、お客様情報(新製品や戦略商品など)やイベント情報を発信、送付先の状況(閲覧)に応じて、ターゲットを絞り込み(見込度合いが高い)、電話(インサイドセールス)によって、検討状況など詳細なヒアリングを実施し、最適なターゲットを見つけ出します。

サービスについてのお問い合わせはこちらから

TOP