デジタルマーケティング

企業と消費者との接点が、テレビを中心としたマスコミュニケーションから、スマートフォンやタブレットのスマートデバイスを用いたモバイルでのOne to Oneのコミュニケーションにシフトしていることは、多くの皆様が承知のことかと思います。

B2Bの領域においても、情報収集および購買の動機付けは、これまでの営業パーソンとの面会によるコミュニケーションから、インターネット検索/Webサイトでのコミュニケーションに大きくシフトしています。

特にIT業界においては、クラウドソリューションの隆盛に代表されるように、営業/購買活動においては、全てがネットで完結するといった、大きな変革の中にあります。B2B企業は、クラウドソリューションのように、売り物が変化し、売り方の変更を迫られ、自社のビジネスモデルの大きな転換期を迎えたと言っても過言ではありません。

そのため、B2Bでのマーケティング・営業活動においても、大きな転換期を迎えています。

 

これまで、テレマーケティングでのアポイント獲得や展示会での名刺交換といったオフラインのマーケティング活動から営業活動につなげていましたが、接点を持ったお客様のほとんどが、貴社のWebサイトや、ネット上での評判を確認する行動を取っています。Webサイトの情報が充実していれば貴社に対しての信頼感も増しますが、Webサイトの情報が貧弱であれば、反対に、貴社に対する信頼感は低下し、ビジネスの可能性をマイナスにしてしまいます。

また、B2Bの世界では、一回の商談で受注に至ることは稀で、受注までにはお客様との複数回のコミュニケーションが必要です。しかし、営業パーソンが確度のわからない見込客に対応できる時間は限られており、コミュニケーションを怠っていると、その間に競合他社にビジネスを奪われかねません。

 

「デジタルマーケティング」という語感から、Webマーケティングやeメールマーケティングなど、インターネットを利用したマーケティング手法と理解されている方が多いかと思います。しかし、テレマーケティングでの会話ログや、展示会での名刺・アンケート情報、営業パーソンの営業日報といったものも、エクセルやデータベース、CRMといったツールでデジタル化してはいないでしょうか。

 

ビズブーストでは、デジタルマーケティングを次のように考えます。

「デジタルデータを用いたマーケティング活動全般」

そのため、Webマーケティングやeメールマーケティングといった活動だけではなく、テレマーケティング、イベント出展、紙のダイレクトメール発送といったオフラインのマーケティング活動も、デジタルマーケティングの範疇に入ります。

ビズブーストでは、B2Bのお客様に対し、上記のようなデジタルマーケティング活動全般を支援いたします。

 

 

では、「デジタルマーケティング」を利用すると、みなさんにとって、どんな良いことがあるでしょうか。

ビズブーストでは、営業リソースの少ない、中小企業、士業・コンサル業のようなスモールビジネスや個人事業主こそ、「デジタルマーケティング」の利用が重要と考えています。

なぜ、「デジタルマーケティング」の利用が、みなさんにメリットあるのかを、次の記事で説明いたします。

 
なぜ、デジタルマーケティングが有効なのかは、次の記事をお読みください

お気軽にお問い合わせください。03-4405-9203受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]