CASE7

採用コストを抑えて最適な人材が欲しい

採用に関して、売り手市場である近年、従来の募集方法では企業が求める人材からの応募が集まらなくなっています。

求人広告やエージェントに高い費用をかけて利用しても求める人材が集まらなかったり、また採用しても能力、社風、人間関係などのミスマッチなどで早期離職となり、せっかく採用した人材が定着しないといったことはないでしょうか。

また、人材を必要としている中小企業では、特に新卒・転職エージェントや求人広告の利用料が負担となっており、採用コストを削減しつつ、求める人材を採用できないかと考えているのではないでしょうか。

採用に関するよくある課題

1 採用のノウハウがない・情報が多すぎて迷う
2 応募者が少ない
3 求める人材からの応募が少ない
4 ターゲットとしている人材以外からの応募が多い
5 採用コストが高い
6 面接辞退が多い
7 内定を出しても辞退が多い
8 ミスマッチ・早期離職が多い

上記のような問題は、ほとんどの会社で抱えている課題といえます。
解決しないことには採用を増やすことに対してリスクが高すぎてしまい、結果的に事業拡大の大きな足枷となってしまいます。

問題が起こるシンプル理由

理由はいたって簡単です。
求職者に対し、あなたの会社の魅力を明確に伝えることが出来ていないからです。

見てもらえていない

見ていてもらえても 伝わっていない

面接時に動機づけができていない

だから関心を持ってもらえない

ターゲットではない人材からの応募増えてしまう

非常に簡単なことのように感じますが、「見てもらう」「関心を持ってもらう」ということは数多くの競合他社の中で非常に難しいことです。

今のあなたの会社の採用ページや媒体に掲載している原稿は、本当にあなたの会社の魅力や求めている人材が求職者に伝わっている内容でしょうか?

採用コストの考え方

中小企業での採用コストは、主に下記3点にかかっています。

採用担当者の人件費(時間)
求人広告(媒体)費
自社Webサイトの採用ページ作成・運用費

上記の中で「1. 採用担当者の人件費(時間)」は、主に下記にかかっています。

1 求人媒体選定に関わる時間
2 求人広告原稿作成(修正)時間
3 応募者へのメールや電話対応などの時間
4 面接時間
5 応募者が少ない場合の対応策検討時間
6 求人広告(媒体)会社とのメールや電話対応などの時間

「2. 求人広告(媒体)費」「3. 自社Webサイトの採用ページ作成・運用費 」のコストとともに、「1. 採用担当者の人件費(時間)」が、中小企業の採用活動に大きな負荷をかけていると言えます。

採用コスト削減のポイント

では、どのようにすれば、中小企業の採用コストは削減できるでしょうか。
ポイントは2点あります。

求める人材へのアプローチ・集客方法の改善
あなたの会社の魅力を伝えるコンテンツの作成

上記2点を改善することになり、

あなたの会社が欲しい人材からからの応募が増え

ターゲット外の求職者からの応募が減り

求人広告の掲載本数・掲載期間が減れば

採用コストおよび採用担当者の人件費は激減します。

多くの方は、「もちろん、そんなことは既にやっているよ」と言われるかと思います。

しかし、

あなたの会社が、求職者に提供できるベネフィットは、他社に無いもなのか?

求職者が、なぜあなたの会社で働くべきなのか?

といった点は求職者に伝わっているでしょうか?

また上記を伝えるための手段も、これまでの人材エージェントや求人媒体の利用から、変化が見られています。
「Indeed」や「Googleしごと検索」に代表される「検索型の求人システム」の普及が広がり、自社Webサイトを利用した、低コストでの採用活動が可能な時代となっています。

今までのような「外部委託」型の採用活動から、「内部運用型」の採用活動にシフトすることで、採用コストの大幅なコスト削減が可能となります。

採用コスト削減を実現し
採用活動の成功を支援するサービス

採用コストの削減および採用活動の成功を支援するリクルーティングサービスがございます。
採用計画・募集要項の策定支援を始め、求職者に魅力ある採用コンテンツの作成、「Indeed」や「Googleしごと検索」にヒットしかつ効果的な採用ページの構築、Indeed広告の運用といった採用活動成功のための活動をワンストップでご提供しています。

TOP