ユーザーエクスペリエンス

今や企業活動は加速度的にデジタルチャネルにシフトしています。

同時に常に素晴らしいユーザーエクスペリエンス(UX)を提供するには、ユーザーを知り、ユーザーのふるまいやゴールを深く理解し、デザインすることが非常に重要です。
新型コロナウイルス感染症が拡大し、変化する顧客のニーズとマインドセットに対応する適切なデジタルサービスを考え適用することが求められています。

すなわち「広告に依存」することなく「顧客の行動」を理解し、適切なメッセージを送りリーチするだけでなく、個々の顧客のニーズを理解し情報と結びつけるためのサポートこそが真に役立つデジタルサービスであり、エクスペリエンスを確立することになるのです。

本ライブ配信のゴールは、人間中心の持続可能なエクスペリエンスデザインフレームワークの構築方法を習得することにあります。

詳細プログラムは下記をご参照ください。

本ライブ配信は、2020年4月25日(土) 午後5時~午後8時に開催されます。

テーマユーザーエクスペリエンス(UX)デザインと新型コロナウイルス感染症のインパクト
日時2020年4月25日(土) 午後5:00~午後8:00
※本セミナーは、ライブ動画配信となります。
参加費法人:1人 15,000円(税別)
フリーランス・スタートアップ:1人 10,000円(税別)
※お申込方法は下記よりお問い合わせください。
お申込方法のお問い合わせはこちらより
対象ストラテジスト
デザイナー
コンサルタント
スタートアップ
フリーランス
UXデザインにご興味ある方
主催デジタルシンキングスクール東京
協力ビズブースト株式会社

(参考)UXデザインワークショップ 開催風景(2020年1月@ドイツ)

UXワークショップ_開催風景_01

UXデザインワークショップ_開催風景_02

 

ユーザーエクスペリエンス(UX)デザインと新型コロナウイルス感染症のインパクト プログラム

(予告なく内容を変更する場合がございます。)

時間内容
午後5:00-午後8:00新型コロナウイルス感染症インパクトとユーザーエクスペリエンス(UX)デザインの関係性
  ・新型コロナウイルス感染症危機の影響と顧客行動の考え方の変化
  ・イマーシブ・テクノロジー(没入型技術)による価値の創造

デジタルサービス時代のブランドマネージメント
  ・ユーザーエクスペリエンス(UX)デザインとデジタルサービスのコンセプト
  ・ユーザーエクスペリエンス(UX)およびカスタマーエクスペリエンス(CX)のユンバース。
   ユーザーインターフェース(UI)からブランドエクスペリエンス(BX)全体カスタマーエクスペリエンスマネジメント(CXM)

カスタマージャーニーのエクスペリエンスデザインへの適用
  ・意思決定プロセス『thiking fast and slow』概念
  ・ジャーニーモデルおよび重要なタッチポイントを特定する方法
  ・エクスペリエンスデザイン演習

ヒューマンマシンインターフェース(HMI)とユーザーエクスペリエンス(UX)適用方法とその関係性
  ・エンパスマシーンとヒューマンマシーンインタラクション
  ・チャットボット、機械学習、IoT、ボイスユーザーインターフェースを使用したアプリケーションとベストプラクティス

Q&A

ユーザーエクスペリエンス(UX)デザインと新型コロナウイルス感染症のインパクト 講師

クリスチャン・クーン

NUISOL社 CEO

フランクフルト応用化学大学 メディアデザイン学部学士
ポルト大学SME (システムマネジメントエンジニア)及びクロスメディアデジタルコミュニケーション講師

クリスチャンは、リモートUXディレクター、UXデザイナー&リサーチャー、コンサルタント、トレーナー、スピーカー、著者、デジタルヘルスケアファン、博学者、サーファー、エクスプロラー、クリエーター、エクスプレナー、メンター、エクスポネンティエルテクノロジーおよびユーザー行動リサーチャー、UXオタク、デジタルメディシンエンスージアスト、禅アクティビスト、フューチャーリスト、スピーカー、作家という日本語では表現できないぐらいのマルチタレントです。
彼の目的はノウハウと経験を共有することで人々に力を与えるためです。だからこそ、彼は日々勉強し探求をしています。

2002年から2か国7社で働き、3冊のUXデザイン書籍を執筆し、10以上のUXライブストリーミング、ソーシャルメディア、AI、ユーザーの行動の記事を書き、20以上のEUの多くの大学とアカデミーで講義し、30以上の様々なテーマでWEBセミナーを開催し、ヨーロッパと日本で1000人以上の参加者がいる60以上のワークショップの実績があります。

クリスチャンは、デジタル社会の未来のパートナーを目指しポルトガル北部のポルトとドイツフランクフルトの2か所にデジタルコンサルティング企業を経営しています。クライアントは、AI、RPA、VR、AR、チャットボット/ VUI、消費者動向、インターネット医学、デジタル医療などの様々な企業があります。そして、没入型および指数関数型のテクノロジーワークショップをヨーロッパ、日本、アメリカで提供をしてきました。又、ポルト地域でコワーキングスペースを提供しています。

2017年から2019年までメディカルa.i.というサンフランシスコからのスタートアップ企業の成長の為に責任者として貢献し、2020年以降はヘルスケアUXとUX/CXの教育にフォーカスをしています。クリスチャンは、リアルヨーロピアンとしてヨーロッパに住みながら世界中でクライアントと学生に会うために毎月旅に出てリモートワークで働いています。

UX Design bookcover

Amazon.comへ

飯盛 豊(ライブ配信 コホスト)

コシキ・バリューハブ株式会社
サーティファイド・マーケティング・プロフェッショナル

慶應義塾大学大学院 システムデザイン・マネジメント修士
東大発イノベーションプログラムi.school卒業

慶應義塾大学大学院 システムデザイン・マネジメント研究科附属 システムデザイン・マネジメント研究所研究員
中学校・大学講師

専門領域:システム思考 &デザイン思考教育、人間中心イノベーションコーチング

ユーザーエクスペリエンス(UX)デザインと新型コロナウイルス感染症のインパクト お申し込み・お問い合わせ先

お申し込み・お問い合わせはこちらから→