ユーザーエクスペリエンス

変化や競争が激しく予測不可能な時代においても、企業ブランドや製品サービスは常に素晴らしいユーザーエクスペリエンスを提供しなければなりません。

豊かなユーザーエクスペリエンスを提供するためには、ユーザーのことを知り、ユーザーのふるまいやゴールをより深く理解し、デザインを行うことが必要なのです。

UXデザインワークショップ 開催概要

デジタル時代において、既存ユーザーやターゲットユーザーに持続可能なエモーショナルな体験を創りだし、リレーションシップを構築することはとても重要です。
本ワークショップでは、一流の講師によるブランド・マネジメントおよびデジタルサービスアプローチの概念とその手法を学び、真の人間中心デザイン/UXデザインフレームワークおよびユーザーエクスペリエンスを高めるための知識とカスタマージャーニーの適用方法を学びます。

テーマUXデザインワークショップ
日時2020年3月6日(金) 9:30~17:30
会場Impact HUB Tokyo
東京都目黒区目黒2-11-3
参加費有償(お問い合わせください) 受講生1名 ワークショップおよびハンズオントレーニング、ランチ込
対象デジタルストラテジスト
ブランドおよびコミュニケーションスペシャリスト
プロダクトオーナー
マーケティングコミュニケーション担当
ゼネラルマネージャー
主催デジタルシンキングスクール東京
協力ビズブースト株式会社

UXデザインワークショップ 開催風景(2020年1月@ドイツ)

UXワークショップ_開催風景_01

UXデザインワークショップ_開催風景_02

 

UXデザインワークショップ プログラム

(予告なく内容を変更する場合がございます。)

時間内容
09:30-12:30・イントロダクション
  ・デジタル時代におけるテクノロジー製品およびサービス標準
  ・デジタルテクノロジーがブランド管理とコミュニケーションに与える顧客インパクト
・UXデザイン・デジタルサービス
  ・UXデザイン
  ・概念と利用コンテキスト
・デジタルサービスおよび顧客エンゲージメント
  ・ベストプラクティス
  ・ショーケース
・デザイン思考
  ・デザイン思考概念およびメソドロジー
  ・イノベーティブを創造するクロスファンクショナルチーム
・グループワーク
  ・デザイン思考でデジタルサービスを創造する
  ・イノベーティブを創造するクロスファンクショナルチーム
12:30-13:30・ランチタイム
13:30-17:30・人間中心デザイン
  ・人間中心設計 “We think much less than we think we think”
  ・人間意思決定プロセス ‘thinking fast and slow コンセプト
・エクスペリエンスデザイン
  ・エクスペリエンスデザインをカスタマージャーニーに適用する
・エクスペリエンスデザインとブランドマネジメント
  ・タッチポイントと将来のCIフレームワーク
・ヒューマンマシンインターフェースとユーザーエクスペリエンスコンテキスト
  ・Empathic Machines コンセプト
・ユーザーエクスペリエンスとアプリケーションベストプラクティス
  ・チャットボット、機械学習、IoT、ボイスユーザーインターフェース
・グループワーク
  ・実用的ユーザーエクスペリエンスデザイン開発と実装
  ・ワイヤーフレーム、プロトタイピング、モックアップ、クリックダミーズ

UXデザインワークショップ 講師

クリスチャン・クーン

CEO NUISOL

フランクフルト応用化学大学 メディアデザイン学部学士

ポルト大学SME (システムマネジメントエンジニア)及びクロスメディアデジタルコミュニケーション講師

UXQB(The International Usability and User Experience Qualification Board ) 公認ユーザービリティ&ユーザーエクスピリアンスプロフェッショナル

専門領域:UX & イノベーション

飯盛 豊

コシキ・バリューハブ株式会社
サーティファイド・マーケティング・プロフェッショナル

慶應義塾大学大学院 システムデザイン・マネジメント修士
東大発イノベーションプログラムi.school卒業

慶應義塾大学大学院 システムデザイン・マネジメント研究科附属 システムデザイン・マネジメント研究所研究員
中学校・大学講師

専門領域:システム思考 &デザイン思考教育、人間中心イノベーションコーチング

UXデザインワークショップ お申し込み・お問い合わせ先

お申し込み・お問い合わせはこちらから→